うつ病の治療

うつ病の可能性の1つとして、食欲不振や1日の内ほとんど気持ちが落ち込んでいる場合、何をしている時でも楽しく感じられないなどの症状が2週間以上続いている場合、うつ病である可能性があります。
脳に障害が起きている状態であり、環境や日常に感じているストレスなどが原因で発現している可能性があります。
脳内の機能が正常に働いていないことから、考え方やものの見方がマイナス、否定的になってしまい、自分がどうしようもない人間に思えてしまいます。
その状態でさらにストレスを受けてしまうと、より辛く感じてしまい、症状が悪化し悪循環になってしまいがちです。
クスリを使っての治療と認知行動療法や医師に相談することによって治療に高い効果があることがわかっています。
また十分な休養も大切な治療の1つとなっています。
治療に用いられるクスリの1つとしてデパスという抗不安薬が挙げられます。
デパスとは、不安感や緊張感を和らげる効果があるクスリとされ、気分を落ち着かせてリラックスさせてくれる効果があります。
うつ病なのでにもちろんのこと、心身症などの自律神経に乱れがある人にも処方されます。
作用はやや強く、半減期も6時間ほどと短いため、注意すべきは依存症となっています。
安全性は高いとされていますが、副作用として、眠気や脱力感、倦怠感などがあります。
服用後の車の運転などは危険ですので、控えるようにしてください。
また病院などで処方されることが多い、ジェイゾロフトというクスリがあります。
ジェイゾロフトは抗うつ剤であり、SSRIというものに分類されます。
作用は抗うつ剤の中ではやや弱く、副作用も少なくなっています。
副作用が少ない理由として、このクスリはの神経伝達物質であるセロトニンのみに作用し、他に作用することがないので、安全性が比較的高いとされています。
なので、第一選択として使用される機会が多いです。
重度の症状がある場合には、あまり効果が期待できないので、医師に相談して他のクスリを選択してください。

【通販サイトのご紹介】
 デパスジェネリックのエチラームなら治療費を割安に出来ます!